薬剤散布

■ あなたのお庭は常に害虫に狙われています

害虫にとってあなたのお庭は、魅力的な住処。
食事には事欠きませんし、あまり手入れがされていなければ住み着くのも簡単です。

害虫の中にはチャドクガの幼虫などの毒性を持つものもあり、庭木や人間にとっても有害な存在。
早めの薬剤散布で対処してしまいましょう。

消毒剤を扱う場合は、樹木に合わせた薬剤の選定が難しいなど、一般の方にはハードルが高いもの。
誤った消毒方法で高い効果を得ることは難しいので、プロである当社にお任せください。

■ 有効な消毒時期

○害虫発生のシーズンに合わせて消毒

害虫は3月から9月にかけて発生します。
特に7月から9月にかけては大量発生しやすい時期です。
7月になる前に消毒すれば、大量発生を防ぐことができるでしょう。

○害虫が発生する前の薬剤散布で予防を

冬の時期に消毒を行なうことで、春先からの害虫の大量発生や病気を予防することもできます。
また、春先から秋にかけても継続的に消毒を行なうことで、より効果を高められます。

■ 害虫対策以外にも消毒の目的はあります

植物も人と同じように、菌などによって病気にかかります。
菌によって病気になった植物をそのままにしておくと、他の庭木にも感染することも。
病気の進行度・症状によっては最悪の場合、処分することになる可能性があります。

お客様にとって愛着のある大事な庭木。処分するのは心苦しいことかと思います。
早めの消毒で、病気を予防しましょう。

【代表直通】 080-3831-7824
【電話番号】 072-248-8189
【受付時間】 9:00~17:00
【定休日】 不定休
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 堺市を中心に関西全域

一覧ページに戻る